メインメニュー

アクセスカウンタ
8959166

昨日: 1512
今日: 0884

略語辞典

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
エックスエムエル

XML

正式名称:eXtensible Markup Language

 文書やデータの意味、構造を記述するためのマークアップ言語の一つ。
 マークアップ言語とは、「タグ」と呼ばれる特定の文字列で、地の文に構造を埋め込んでいく言語のことです。簡単に言うと、ホームページ等の記述言語であるHTMLの仲間です。1998年に標準化勧告され、インターネットを中心に多くの分野で利用されています。

 特に企業間(B to B)の電子商取引において、専用システムでなく、XMLで情報交換をします。すると、インターネットを利用でき、Webブラウザ(今のパソコンに標準で導入されているソフト)で電子商取引が可能です。これは、システムの大幅なコスト削減につながるだけでなく、共通のフォーマットを利用することで業界標準を作りやすく、今後大きな展開が望まれます。

 現在、マイクロソフトのオフィスも標準でXML形式をサポートしているため、文書や表計算等のやり取りも可能になっています。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
copyright © 2004 WeBlooms! chatnoir